スポンサードリンク

運転者の範囲について

自動車保険は、その車の運転者について、家族や夫婦などに範囲を限定する事により一定の割引が受けられるようになっています(家族限定割引、夫婦限定割引)。ここがひとつのチェックポイントです!

日常では、ほとんど保険加入者である本人しか運転しなかったり、もしくは夫婦や家族しか運転しないケースは多くあります。ところが、まったく他人(友達、知人)が運転する機会がないのかと言うと、年に数回はあるかもしれないという人も多いようです。その年に数回のために「家族限定特約」や「夫婦限定特約」を付帯していないケースはかなり多いのが現状です。この点に関して、実はほとんどが限定しても問題がないのです!

現在の自動車保険には、どの保険会社でもほとんど「他車運転危険担保特約」が自動付帯されています。この特約は、一定の条件の下、他人の車を運転していて事故を起こしてしまった場合に、自分の車に加入している自動車保険で対応できるという補償です。

例えば、Aさんの車には家族限定特約がついているにもかかわらずBさんがAさんの車を運転するケースですが、Bさん自身が自分の車を所有していて、自動車保険にも加入していれば決して無保険の状態ではないという事です。そう考えれば運転者を限定する特約を付帯しやすくなりますので、当然、保険料も節約できるという事です。


posted by ほけんの神様 at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険のチェックポイント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。